ページトップへもどる

当院について

院長あいさつ

地域に根ざした医療で健やかな毎日を支えたいと思います。

父が、この地に診療所を開設してから、40年以上になります。働き者の父の姿を見ながら自然に医師の道を志すようになりました。もちろん、医療の現場は、教科書のようにはいきません。一緒に病気と向き合った患者さん、ご指導いただいた諸先生、暖かく見守り支えていただいた様々な職場の多くのスタッフのおかげをもって現在の私があると思っています。知力・体力・判断力などますます充実した仕事ができる年齢と考えています。小さな診療所ですが、慣れ親しんだこの土地で少しでもお役に立てるべく頑張っていきます。

心豊かな生活には、健康が必要条件です。個々人の病気や障害の背景には、社会の変化・家族の事情なども強く影響することを身にしみて感じてきました。厳しいご指摘も明日の糧として、少しでも人の気持ちをくみ取れる医療を提供したいと思います。

もちろん最新の医療事情を把握し、基幹病院との連携なども対応します。また、介護の相談も、医療の現場を経験してきたものとして、個々の事情に合わせたアドバイスをしてゆきたいと思います。

皆様方の健やかな毎日に貢献できれば、スタッフ共々これに過ぎた喜びはありません。これからもよろしくお願い致します。

滝川医院 院長 瀧川 稔邦

滝川医院 院長 瀧川 稔邦

プロフィール

略歴
1987年稲沢市民病院研修開始
稲沢市民病院勤務
名古屋大学医学部第三内科入局
北陸大学薬学部勤務のかたわら肝疾患の臨床研究につとめる
北陸大学薬学部講師
2006年滝川医院勤務
保育園の園医、小学校・中学校の校医を務める
Socio Next(パナソニック:半導体設計)の産業医で社員の健康管理も担っている
資格
医学博士(名古屋大学第三内科にて肝臓病の臨床研究)
日本医師会認定産業医
日本医師会認知症認定医・サポート医(春日井認知症臨床の会世話人)

院内写真

病診連携

地域の皆さんのかかりつけ医として、病院に行くときは何科にかかればいいのか、どんな処置が行われるのか、セカンドオピニオンについてなどさまざまなアドバイスをさせていただきます。

患者さんの事情や意向もくみながら、柔軟に適切に対応します。